副業体験談【Amazon輸入転売】

株システムトレードソフトイザナミ
☆このブログはシストレソフト「イザナミ」を使って検証しています☆
☆koz-kay開発の「koz式【壱】」も販売中☆
 

今はやめているのですが、

少し前まで私はAmazon輸入転売をしていました。

その体験談を書いていきますので興味のある方は御覧ください。

・Amazon輸入転売とは?

Amazon輸入転売とは通販で海外の店舗から買った商品をそのまま日本のAmazonで販売することを指します。

私の場合はアメリカのAmazonで買った商品を日本の売っていました。

逆に日本のAmazonで売っている商品を海外で販売することもあります。この場合は輸出転売になります。

同じAmazonなのに販売価格に差なんてあるのか、と思われるかたもいるかもしれませんが、輸入する費用を考えても利益が出る商品は多いです。

・販売までの流れ

販売までの一連のプロセスを紹介します。

以下は私が実際にしていた作業の流れです。

最初は商品を海外から輸入します。

海外で買った商品を海外の転送業者というところに送ります。

ある程度荷物が貯まるとこの業者が日本に向け発送してくれます。

次に日本に商品が到着すると日本の転送業者に荷物が届きます。

この業者が商品の確認やシール貼りなど、出品に必要な作業をしてくれて、Amazonに向けて発送します。

Amazonに商品が届くと、Amazonの倉庫に商品が保管され商品が販売状態になります。

商品は自分で保管することも可能ですが、

Amazonに保管してもらうと「お急ぎ便」などにも対応することができるので、集客率が上がります。

商品がお客様に販売されるとAmazonが発送手続きをして、

手数料を引かれた売上金が販売者に振り込まれます。

簡単にかきましたが、以上が一連の流れになります。

ポイントは私自身は一度も商品に触れてない点ですね。

全てを業者に任せて効率化していました。

これはすべての販売者がそうしている訳ではないですが、

本業をしながらの副業でしたのでそうしないととても時間が足りませんでした。商品を保管するスペースもないですしね。

そこそこの利益はでたのですが、

Amazonの支配下にあるような感覚が嫌でやめてしまいました。

それでは今回はこの辺で

▽ブログランキングに参加しています!▽
▼クリックお願いします!▼
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
株システムトレードソフトイザナミ
☆このブログはシストレソフト「イザナミ」を使って検証しています☆
☆koz-kay開発の「koz式【壱】」も販売中☆
 

koz-kay

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする