底値をとらえる!3点チャージ投資法を検証してみる【シストレ検証】

株システムトレードソフトイザナミ
☆このブログはシストレソフト「イザナミ」を使って検証しています☆
☆koz-kay開発の「koz式【壱】」も販売中☆
 
しつもんちゃん
3点チャージってなに?
koz-kay
平均乖離、RSI、VR(ボリュームレシオ)の三つの指標を使った逆張りの投資法だ。3つの指標が買いのサインを出したときに買う

 

検証目的:3点チャージ投資法は有効か?

 

平均乖離は直近の価格が下がっているかを、

RSIは株価の動きが落ち着いているかを、

VRは出来高が減っているかを判断します。

 

これらの条件がそろったときに買いを入れれば勝てるというの3点チャージの考え方です。

今回はこれらが本当に有効を調べていきます。

 

検証方法

 

仕掛け条件

・移動平均乖離率(26日)がー15%以下

・RSI(14日)が25以下

・VR(25日)が70以下

 

手仕舞い条件

・移動平均乖離率(26日)が0以上

 

検証結果

 

バックテスト結果

期待値的にはそこまで悪くありませんね。

ただ取引数が思ったより少なくなりました。

これでは改良の余地はすくなそうです。

条件を緩くして、取引数を増やしたいところです。

 

 

 

 

300万円で運用した場合投資結果

DD(ドローダウン)が…高すぎますね…

 

 

上がってはいますが、みてて不安になるグラフですね。

 

 

まとめ

 

3点チャージは有効であるものの、

条件を見直して、他の要素も組み込まないと実際の運用は厳しい、という印象ですね。

 

▽ブログランキングに参加しています!▽
▼クリックお願いします!▼
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
株システムトレードソフトイザナミ
☆このブログはシストレソフト「イザナミ」を使って検証しています☆
☆koz-kay開発の「koz式【壱】」も販売中☆
 

koz-kay

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする